日の出商事有限会社

会社概要

About

  1. トップページ
  2. 会社概要

会社概要

社名日の出商事有限会社
所在地香川県高松市サンポート8-28
TEL087-851-7844
FAX087-851-7839
設立昭和42年6月16日
代表取締役三井 陽子
営業種目
  • 船内売店
  • オリジナルグッズ企画・販売
  • 石油類販売
  • AdBlue(アドブルー)販売特約店
  • 損害保険代理店(損害保険ジャパン 日本興亜(株))
所有船舶第18日の出丸 / 148トン

社長挨拶

日の出商事有限会社は昭和42年に四国フェリーのグールプ会社として船内売店や船舶燃料の販売を目的と設立され、今日まで皆様に支えていただいて成長してまいりました。

四国フェリーグループをご利用してくださるお客様が、船内のひと時を心からリラックスしていただけるよう、快適性と利便性を常に追求し、お客様に寄り添った様々な商品やサービスを提供しています。

弊社も私自身も、この高松の地で生まれ育てて頂いたという思いを日々強く感じております。

設立から半世紀が経ち、街の風景と社会情勢も変わってきましたが、
これからも「地域に根付いた瀬戸内を照らす太陽」となれるよう従業員と共に一丸となって努めてまいります。

代表取締役社長 三井 陽子

沿革

1967年(昭和42年)6月16日共栄商事有限会社として岡山県玉野市に設立
1967年(昭和42年)9月社名を日の出商事有限会社に変更
1969年(昭和44年)四国フェリー宇野航路で船内売店開始
1970年(昭和45年)給油船 日の出丸(19.99トン)竣工
1970年(昭和45年)四国フェリー神戸航路で船内売店、船上レストランを開始
1971年(昭和46年)日本火災海上保険と代理店契約を結ぶ
1971年(昭和46年)小豆島航路 船内販売開始
1976年(昭和51年)6月高松市玉藻町9番4号に本社を移転
1976年(昭和51年)日の出丸(44.10トン)竣工、旧(日の出丸19.99トン)を売船
1978年(昭和53年)三菱石油と特約店契約を結ぶ
1985年(昭和60年)高松市玉藻町10番32号へ本社を移転
1988年(昭和63年)おりーぶ丸(275.29トン)購入
1992年(平成4年)宇野行フェリーの船内売店を小豆島オリーブから引き継ぐ
1993年(平成5年)日の出丸(497.34トン)購入
1994年(平成6年)おりーぶ丸をパナマへ売船
1998年(平成10年)神戸航路廃止にともない、船内売店、船上レストランを閉店
2008年(平成20年)オリジナルチョロQ(OliveLine)を販売開始
2009年(平成21年)高松ー宇野航路の減便により5隻から4隻に
2009年(平成21年)オリジナルチョロQ(四国フェリー)を販売開始
2011年(平成23年)伊藤忠エネクスの四国アドブルー配送センターを開始(配送トラック1台)
2014年(平成26年)高松ー宇野航路の24時間運航を取りやめ
2014年(平成26年)第18日の出丸で配給開始
2015年(平成27年)アドブルー用トラックを追加購入
2017年(平成29年)12月サンポート高松に本社移転

アクセス

日の出商事有限会社

〒760-0019 香川県高松市サンポート 8-28

GoogleMapで開く